印鑑の種類と用途:開運印鑑の通販店:小林大伸堂

開運印鑑トップ  >  印鑑の種類と用途

印鑑の種類と用途

印鑑の種類と用途

印鑑は、出生届にはじまり進学や就職、会社設立、婚姻届から死亡届にいたるまで、社会人として自己を表現し権利・義務・所有を表示する一つの手段としてとても大切な役割を果たしています。
私たちは、このような「印鑑」をただの商品としてではなく、お客様自身を証明する大切な「証 あかし」として、心を込め一つ一つ製作し、真心と共にお届けいたします。

印鑑の種類にはおもに、「実印」「銀行印」「認印 仕事印」役職印・会社実印」「角印」などがございます。

実印/じついん

実印/じついん

「お金貸しても、実印貸すな」実印は、個人印・法人印の中では最も大切な印鑑です。
商取引、公文書や会社設立時など市区町村役所へ印鑑登録を行い、印鑑証明を受けた印鑑を「実印」といいます。それぞれの市区町村の条例で微妙に規定が違っていますが、一般的に8ミリ以上25ミリ以下で欠けやすい材質以外の物でしたら姓名を入れてもよいし、性のみ、名のみでも実印として登録できます。

「印鑑証明」・・・市区町村役場に印鑑を届けることによって発行されます。この、印鑑登録をおこなったものを「実印」と言い、一人に1本のみ認められます。同じ印鑑を二人で登録することはできません。

印鑑登録を行った実印は、契約書や申請書に記載した氏名の下に捺印する印影が真正なものであることを証明し、また本人に相違ないことを証明する(自分自身を証明してくれる)大切な「証 あかし」となりますので、銀行印や認印より大きめのサイズにて、しっかりとした素材の印材をお選びくださいませ。女性は13.5ミリ以上、男性は15ミリ以上のサイズをおすすめいたします。
金融機関とのローンや、借り入れのご契約時・土地や建物の売買契約時・会社設立時・その他公文書作成時などに使用します。 →実印の購入をお考えの方はこちら

銀行印/ぎんこういん

銀行印/ぎんこういん

金融機関の出納に使用する重要な印鑑です。
銀行や郵便局、JAなどの通帳開設時の他、保険や証券などのご契約時に捺印する印鑑となります。一般には苗字もしくはお名前をお入れしますが、金融機関のご印鑑としてお使いの場合には、苗字・お名前ともよこ書きが吉と申します。
(お金がたてに流れないようにと申します)また、よこ書き印鑑の場合文字は捺印の際に右から左に読めるよう字入れいたします。

よこ書きの右から左読みは、昭和初期頃までの日本の古い慣習が残っておりますので、現代の漢字とは逆の右から左に字入れすることが慣例となってございますので、ご了承くださいませ。
金融機関とのご契約など金銭に関わること全般にお使いくださいませ。ほとんどの金融機関が3センチ以内の印材でしたらご使用になれますが、サイズは女性が12ミリ以上、男性が13.5ミリ以上をおすすめいたします。→銀行印の購入をお考えの方はこちら

認印・仕事印/みとめいん・しごといん

認印・仕事印/みとめいん・しごといん

認印は、印鑑登録や金融機関へのご登録をされない、日常でご使用いただくご印鑑を言います。
開運吉相印の場合には、回覧板や宅急便の受領印などにお使いいただくのではなく、お仕事やご家庭でのご契約所など一般事務に関わる捺印の際にお使いください。

お仕事では、役職や勤続年数、ご職業によってサイズを大きく変更されてお彫りする方も多くございます。
女性は10.5ミリ以上、男性は12ミリ以上をおすすめいたします。
お仕事での一般事務全般、ご家庭での簡単なご契約書、受験票や、届出書などにお使いください。→認印・仕事印の購入をお考えの方はこちら

役職員・会社実印/やくしょくいん・かいしゃじついん

役職員・会社実印/やくしょくいん・かいしゃじついん

役職印・会社実印は、法務局に登録する法人組織の実印として大切なご契約の際に使用します。
個人の実印と区別するため、2重枠にして、外側に会社名・内側に「代表取締役印、代表之印、理事長印」などと字入れします。
一般的に法務局に登記できるサイズは、30ミリ未満となっていますが、18ミリサイズから21ミリサイズが標準となります。

字入れの仕方などが個人印鑑とは異なりますので、専用ホームページ「開運会社設立印鑑」をご覧くださいませ。

角印/かくいん

角印/かくいん

角印は、官公庁職印、法人用の会社角印、組合印、団体やサークルなどの印鑑、商店や工業所印などとして一般事務や、ご契約の際の印鑑として使用します。
サイズは、15ミリ・18ミリ・21ミリ・24ミリ・27ミリ・30ミリが一般的となります。
字入れの仕方などが個人印鑑とは異なりますので、専用ホームページ
開運会社設立印鑑」をご覧くださいませ。

その他の印鑑

【訂正印/ていせいいん】

簿記印ともいい帳簿などに記入した文字の誤りを訂正する場合に使用する印鑑。6ミリ程度の小判型や丸型。

【割印/わりいん】

ご契約の際に、本証と控えとの境に半分ずつ分かれるように捺印する印鑑。縦長の楕円形や長方形が一般的。

【蔵書印/ぞうしょ】

角印の一種で、書籍などの所有者を「しるす」ために裏表紙などに捺印する印鑑。

【落款印/らっかん】

掛け軸・色紙・絵画や書などに捺印する印鑑。自分の雅号などを彫って作品にあわせた大きさや形で捺印します。


起業するならやっぱり開運で作ろう! 開運会社設立印鑑
印鑑_写真

■会社の印鑑をご希望の方へ
当サイトは個人用専門です。会社ご印鑑は字入れの仕方が個人用と異なりますので「開運会社設立印鑑」専用ページでご覧下さい。旧字体・外字・アルファベットでも安心してご注文承りますので、ご相談くださいませ。開運会社設立印鑑はこちら


無料ご相談フォーム
ご印鑑選びにお迷いの方は、印鑑に込めたい想いと願い・画数・生年月日を判断して適印材・お見積りをご提案します。
納期・画数・印材・字体など何でもお問合せ
ご印鑑について・画数・姓名判断・字体・印材・納期についてなどご質問があればお気軽にお問合せ下さいませ