良い印鑑を彫刻するためには彫刻刀のコンディションが重要。だから、砥石にはこだわりをもっています。

こんにちは。小林大伸堂5代目印鑑彫刻士の小林稔明です。
印鑑を彫刻するにあたって、良い印鑑をつくれるかどうかを左右することがいくつかあります。その一つが彫刻刀を研ぐという作業です。彫刻刀がしっかりと研げていないと印鑑を彫刻することができません。これはシェフが料理に使う包丁を研ぐのと同じです。当たり前と言えば当たり前なのですが、実はこの作業が一番難しいように思います。この作業は修業し始めのころから今でもかなりの頻度で続けているのですが、うまく研げるときとうまく研げないときがあります。彫刻刀をうまく研げた時は調子が良くて、うまく研げない日が続くとスランプ!個人的にこのような決め事があります。


彫刻刀を研ぐにあたって必要なのが砥石(といし)です。1本の彫刻刀を研ぐのに3種類の砥石を使っています。まずは粗めの砥石でカタチを整えて仕上げ用砥石を使って彫刻刀をピカピカに磨きます。動画で使っているのは最後に使う仕上げ用の砥石です。この砥石は僕の師匠である北川氏から頂いたものです。氏いわく、「同じようにみえて砥石にもひとつひとつ個性がある。だから自分の個性にあった砥石を相棒にしてずっと使い続けなさい」とのことです。職人の命ともいえる彫刻刀と砥石、大切に使わせて頂きます。

 


お問合せ・ご相談、お待ちしております。
(受付時間 10:00~18:00)

電話

0778-51-0628

クリック

お問合せフォーム24時間受付中

電話

メールでQ&A

印鑑のご相談やお買物のことなど、
お気軽にお問合せ下さい

クリック

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを印(しるし)に」小林大伸堂

「想いを名前に、名前を印(しるし)に」。大切な名前に想いと願いを込めておつくりする小林大伸堂の印鑑サイトです。

https://www.kaiunya.jp/

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

宝石印鑑 Rose stone(ローズストーン)

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。しあわせの〝あとおし"となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの印鑑サイトです。

http://www.rosestone.co.jp/

皆様の、ご来店、お問い合わせ、ご注文、お待ちしております。

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

宝石印鑑は「Rose stone」(ローズストーン)

関連記事

WebSiteWebSite

ローズストーン

小林大伸堂/ROSE STONEの店舗情報です。福井県鯖江市にある当店では、お客様お一人お一人の想いをヒアリングし、カタチにしてお届けします。

開運印鑑

「愛する誰かを想う気持ちを名前に込めてつくる女性のための印(しるし)です。
画数・運気を取り込みつつも、しなやかで凛とした女性らしさを表現します。

開運会社印鑑

プロポーズは、「僕の苗字になってください」という言葉と共に印鑑をプレゼントしませんか?記憶に残る指輪以外のサプライズプレゼントにおすすめです。

gene

小林大伸堂の仕事は、単に印鑑を作ることではありません。お客様の想いをうかがい、背中をそっと押してさしあげることが仕事だと思っています。

ShopInfoShopInfo

パワーストーン宝石印鑑 Rosestone/ローズストーン
〒916-0022 福井県鯖江市水落町2-28-29 (→地図を見る)
TEL:0778-52-8811(営業時間内)
FAX:0778-53-1133(年中 24時間受付)
E-Mail:toiawase@rosestone.co.jp
営業時間 10:00~18:00(水曜定休)

ローズストーン