2つの家族からの愛情に恵まれることを願って

2つの家族からの愛情に恵まれることを願って

 

変わらない「名」に愛情を込め、
変わる「苗字」に新たな幸せを願う

新しい苗字の印鑑で、幸せな未来

娘さんのご結婚、おめでとうございます。
大きな門出に喜びを感じるとともに、嫁ぐことへの寂しさも感じられていると思います。

我が子を思う気持ちが強いからこそ、喜びと共に、娘が幸せにやっていけるかという不安や心配でいっぱいになるんですよね。

娘さんの結婚が決まり、改めて色々なことを語り、伝えていることでしょう。そして、結婚生活がスムーズにはじまるように嫁入り道具の準備もされていると思います。ぜひその嫁入り道具の1つとして娘さんの名前を彫った印鑑も用意してあげてください。

赤ちゃんの時からずっと変わらず娘さんのそばにあるもの。それが名前(ファーストネーム)です。生まれて最初に贈られた名前は、娘さんの一生の幸せへの想いがこもった大切な最初のギフト。

その名前を結婚の記念に改めて贈る。ファーストネームの印鑑は、両親の愛情を改めて贈ることができるアイテムです。

新しい苗字の印鑑で、幸せな未来

これから大好きな人と一緒に新しい家庭を築く娘さん。きっと喜びと希望にあふれてキラキラと輝いていることでしょう。そんな娘さんに贈りたいもう一つのアイテムが、新しい苗字の印鑑です。

新しい苗字の印鑑は、新しい家族に愛されますように。幸せになれますように。そんな想いを伝えるとともに、娘さんの背中をそっと押してあげることができるのです。

新しい苗字の印鑑で、幸せな未来

赤ちゃんの頃から見守り続けるご両親の愛情。そして、新しい家族にかわいがられますように、愛されますようにとの願い。大切な娘さんだからこそ、2つの家族に見守られ、幸せになって欲しいものですね。

そんなご両親の願いを伝えてくれるのが、変わらない名前(ファーストネーム)と新しい苗字の印鑑です。人生の大事なシーンで使うことが多く、一生使える必需品だから、印鑑はこれからご両親の代わりに、娘さんを見守り続けてくれることでしょう。

母の一言を添えることで印鑑がお守りに

新しい苗字の印鑑で、幸せな未来

「これから2人で幸せになってね。」「新しい家族に、愛されますように。」「いつまでもあなたは、私たちの大切な娘よ。」

そんな母の想いと一緒に贈る印鑑は、娘さんにとっては、ご両親のようにずっとそばで見守り続けてくれる、お守りのような存在に変わる事でしょう。
だからこそ、印鑑はいつまでも娘の幸せを願う、母からの嫁入り道具として選ばれています。

入籍後の名義変更もスムーズに

入籍後の名義変更もスムーズに

結婚で苗字が変わる娘さんは、入籍後すぐに名義変更を各機関に届け出る必要があります。

転入届けや国民保険、運転免許証、パスポートは「認印」。
銀行・ゆうちょなど金融機関の名義変更・届出印の変更、キャッシュカードの名義変更、公共料金や携帯電話の引き落とし手続きは「銀行印」。
印鑑登録をする場合は「実印」が必要です。

印鑑は事前に用意しておくと名義変更もスムーズ。だから、早めに贈るのがおすすめです。

これからの人生で必要になる印鑑は3本ですが、嫁入り道具として準備するなら「お名前の銀行印」と「新しい苗字の認印」の2本をおすすめしております。

大切な場面で使うからこそ、本格印鑑を

大切な場面で使うからこそ、本格印鑑を

結婚後、名義変更の手続きが終わった後も、妊娠、出産の時、お子様の入園入学などの手続き、そして、マイホームを購入する時や保険に入る時など、印鑑は大きな決断や生活が変化する時に必要になります。

だからこそ、結婚する娘に贈る印鑑は、大切なひと押しにふさわしい、本格的な印鑑をご用意いただきたいと思います。

印鑑は押すたびに思い出す

印鑑は押すたびに思い出す

印鑑は人生の大切なシーンで押すことが多いもの。決断と共に押す印鑑は、そのひと押しの意味を考え、責任をもって使う必要があります。
ですから、宅配便の受け取りなど、比較的気軽に押す印鑑とは区別して持たせたいものです。
大事な娘さんの結婚にあたり、幸せになりますように、新しい家族にも愛されますようにとの想いを込めて贈った印鑑なら、その「ひと押し」のたびに、その責任とご両親の深い愛情を思い出してくれるはずです。

名前に込めた想いを印鑑に 小林大伸堂

想いを聴いて印影に

二つの家族に見守られる幸せ
お一人お一人の想いをうかがい、印影にします

一人一人異なる印影

小林美咲

◆想い/エピソード

いよいよ美咲が小さなころから夢見ていた「お嫁さん」になる日。
いつも笑顔で、旦那さんと温かな家庭を築けますように!ご両親とも仲良くできるといいね。

↓
彫刻士が想いを印影に込めました

◆彫刻士が想いを印影に込めました

わが子に願いたい「温かな家庭を築けますように、ご両親と仲良くできますように。末永く幸せになれますように」という想いを「家族運」「愛情運」「希望運」に込めたいとお聴きして印影にいたしました。

中村美咲

◆想い/エピソード

雪の日に生まれたあなたを抱きながら、お部屋の花を見ていたら、ふと、寒く厳しい
冬に咲く美しい花「美咲」という名前が頭に浮かびました。これから始まる人生を、
ひたむきにあなたらしい花を咲かせてほしいと願って名づけました。

↓
彫刻士が想いを印影に込めました

◆彫刻士が想いを印影に込めました

わが子に願いたい「前向きで明るくいられますように、お金に不自由しませんように、健康でいてくれますように」という願いを「成功運」「金運」「健康運」に込めたいとお聴きして印影にいたしました。

小林大伸堂の印鑑はお一人お一人印影が違います

小林大伸堂の印鑑はお一人お一人印影が違います。伝えたい想いは人それぞれ、その想いの違いを印影にいたします。

小林大伸堂は込めたい想いを伺い「八方位」の運気にあてはめて彫ります。
「八方位」は古代中国から伝わる易における八卦(はっけ)を元に考えられたもので、古くから人生で起こる出来事は全て八方位で説明できるとも言われています。

人生で起こるさまざまな出来事に対して、「うまくいきますように、どうか幸せになりますように・・・・」と神社でお祈りしたり、絵馬にしたためたりして奉納する気持ちがあります。小林大伸堂はお一人お一人にお聴きした想いや願いを印影に込めてお届けしています。

【成功運】 新しい生活が穏やかで幸せになりますように。
【金運】 金運に恵まれ、お金で困ることがありませんように。
【希望運・再起運】 将来について目標を2人で持ち、協力していけますように。
【家族運】 何でも相談できる温かな家庭になりますように。
【住居運】 安心して生活できる住環境に恵まれますように。
【健康運・蓄財運】 日々、心身共に健康で将来のための貯蓄もできますように。
【交友運・結婚運】 周りの方々にも愛される素敵な2人でありますように。
【愛情運・守護運】 夫婦仲良く沢山の方々に見守っていただけますように。災厄から守られますように。

縁起の良い印鑑になるよう画数を調整いたします

画数は個性、専門家が調整いたします

名前を決める際、多くの方が姓名判断(画数判断)をされます。結婚で苗字が変わる際に画数を心配される方もいらっしゃいます。
縁起の良い印鑑になるように、新しい苗字のお名前を拝見し、印鑑の字体や接点数、画数等を考慮しつつご希望の運気や想いをこめて最良の印鑑をお彫りいたします。どうぞ安心しておまかせ下さい。

メッセージのご要望はご相談ください

想いを伝えるメッセージをご希望の方は、その旨お申し出ください。素敵なメッセージカードを添えて送らせていただきます。

一生ものだから、本格印鑑の専門店が安心

創業124年の小林大伸堂

小林大伸堂は創業124年。初代小林小三郎が福井県越前市にて印章店を引き継ぎ、その後、祖父の2代目、父3代目と引き継ぎ、「福のいるまち」福井県鯖江市に4代目小林照明が店舗を構え、現在は小林稔明が5代目を継ぐべく彫刻の修行を行い、毎日精進しております。印鑑に長く携わってきた歴史とお客様の声が実績の証です。
ぜひ、当店の印鑑に大切な方へ贈る想いを込めさせてください。

印鑑は、嫁入り道具に最適

新しい苗字の印鑑で、幸せな未来

今も昔も、「嫁入り道具は親心」です。
印鑑は、結婚後、すぐに必要となる一生ものの実用品としても優れているだけではありません。新しい苗字になっても、生まれたころから見守り続けてくれたご両親の愛情は一生変わることはありません。そんなあふれる娘への想いを、大事な「ひと押し」のために思い出し、勇気づけてあげることのできる、特別な道具なのです。

心からの祝福を伝えるギフトパッケージ

心からの祝福を伝えるギフトパッケージ

大切なお名前をお届けするのにふさわしく、印鑑は印鑑ケースにセットし、桐箱に納めてお届けいたします。
桐箱は、お贈りになる本数に合った大きさのものにセットしましてお届けいたします。
*写真はパッケージの一例です。

【印鑑ケース】

【印鑑ケース】
拡大する>>

印鑑ケースは14種類ご用意しております。お好みに合わせてお選びいただけます。

【ラッピングは越前和紙】

【ラッピングは越前和紙】

越前和紙は福井県で1500年の伝統をもつ和紙です。お嬢様のハレの日のお祝にふさわしく、華やかで慶びあふれるお包みにてお届けいたします。
*写真のラッピングはイメージです。包装紙等、変更になる場合がございます。

【大切なものだから桐箱に】

【大切なものだから桐箱に】

ご両親が心を込めて選ばれたことが伝わるように。そんな願いも込めて桐箱に納めてお届けしています。
日本では古くから大切な物は桐箱に保存していました。桐は防湿、防虫効果が高いので一生ものの嫁入り道具を保管するのに最適です。

お客様の声

心配だった画数をみて頂きありがとうございます。安心しました。
埼玉県 I様

お世話になります。このたび娘が良縁に恵まれ、結婚することになりました。結婚で画数が変わるので心配でしたが、良い画数で印鑑を作って頂けるとのことでこちらでお願いすることにいたしました。新しい苗字の認印と名前(美貴)の銀行印をありがとうございます。夫婦仲良く末永く幸せにという願いを込めて嫁入り道具のひとつとして持たせてやりたいと思います。

長女も気に入ってくれたので、今度は次女に。幸せを願うばかりです
茨城県 K様

昨年の4月に、結婚した娘夫婦の印鑑をお世話になりました。とても丁寧で気持ちのこもった印鑑を送っていただき、ありがとうございました。長女も気に入ったようで、大切に使ってくれています。今回、次女も結婚しましたので、また、お世話になります。どうか幸せになりますように・・・と願うばかりです。親としましては、健康でお金にも不自由なく家庭円満で・・と希望する事は限りがありませんが・・・。

わからないこと、ご相談したいことはお気軽に TEL 050-3340-6000

迷ってしまうという方は、小林大伸堂の無料ご相談フォームが便利です。
用途をお聴きした上で、適宜ご提案させていただきます。

おすすめ商品

結婚する娘さんへの贈り物、嫁入り道具として、大切な財産を管理する「お名前の銀行印」(入籍後の名義変更に必須の印鑑です)と、新生活を祝福する「新しい苗字の認印」をおすすめしております。

印鑑のサイズは、銀行印は13.5㎜と12㎜、認印は12㎜と10.5㎜と、女性に使いやすい大きさでご用意しております。

その他のサイズの印鑑をご希望の方はお問い合わせください。

結婚する娘へ贈る/銀行印、認印

結婚する娘へ贈る/銀行印、認印

  • ・印鑑に込めたい想いやご希望の運気、印鑑ケースは「カゴに入れる」のボタンを押した後、お伺いいたします。

2本セット

商品名

サイズ

印材

価格

 

結婚する娘へ贈る
2本セット
(銀行印/認印)
銀行印13.5mm
認印12mm
牛角白 40,000円(税抜)
黒水牛 27,000円(税抜)
本つげ 21,000円(税抜)
銀行印12mm
認印10.5mm
牛角白 31,500円(税抜)
黒水牛 22,000円(税抜)
本つげ 19,000円(税抜)

印鑑に込めたい想い、ご希望の運気は「カゴに入れる」のボタンを押した後、お伺いいたします。

1本/銀行印

商品名

サイズ

印材

価格

 

結婚する娘へ贈る
(銀行印)
13.5mm 牛角白 25,000円(税抜)
黒水牛 18,000円(税抜)
本つげ 12,500円(税抜)
12mm 牛角白 20,000円(税抜)
黒水牛 13,000円(税抜)
本つげ 11,500円(税抜)

印鑑に込めたい想い、ご希望の運気は「カゴに入れる」のボタンを押した後、お伺いいたします。

1本/認印

商品名

サイズ

印材

価格

 

結婚する娘へ贈る
(認印)
12mm 牛角白 18,000円(税抜)
黒水牛 12,000円(税抜)
本つげ 10,500円(税抜)
10.5mm 牛角白 14,000円(税抜)
黒水牛 11,000円(税抜)
本つげ 9,500円(税抜)

印鑑に込めたい想い、ご希望の運気は「カゴに入れる」のボタンを押した後、お伺いいたします。

▼印材の特徴  ▼小林大伸堂がおすすめする印鑑と名前の組み合わせ

印材の特徴

印材は4つの中からお好みのものをお選びください。

牛角白

艶やかで美しく上品な色合いから、女性に人気の印材です。

牛角白

牛角白(うしのつのしろ)とは水牛の角を印材としたものです。艶やかで落ち着きと気品のある美しい一品です。当店の印材は中心に一本芯が通り、粘りがあるのが特徴。芯持ち印材は成長や発展を意味し、前向きさの願いや、何事にも負けない強さの願いを込めて贈るのにおすすめの印材です。

黒水牛

美しい光沢が特長の印材。落ち着きのある色合いから一生モノの印鑑として多くの方に選ばれていいます。

黒水牛

黒水牛(くろすいぎゅう)とは水牛の角を印材としたもので、落ち着きと、美しい光沢のある黒が特徴です。当店の印材は中心に一本芯が通って、粘りがあるのが特徴。芯持ち印材は成長や発展を意味し、前向きさの願いや、何事にも負けない強さの願いを込めて贈るのにおすすめの印材です。

薩摩本つげ

木製の印材としては古くから使われてきた印材。優しい木の風合いがお名前を引き立ててくれます。

薩摩本つげ

柘植(つげ)は非常に硬く、細やかな細工に適していることから、古くから印鑑に使われていた印材です。当店の柘植印材は彫刻士自らが直接産地である鹿児島県にて確かめた高品質な薩摩本つげを使用しております。また、柘植材の黄色い色は、風水では「金運」を表します。

印材で迷われた方は「九星気学から選ぶ」をご覧いただくか、ご相談ください。

小林大伸堂がおススメする印鑑の配字

印鑑の配字(名前の文字の彫り方)は次を参考にして下さい。

印鑑は3つの種類があります

●認印
認印は日常で使う印鑑です。仕事で使う場合は仕事印とも呼ばれます。
認印は、簡単な契約書、引越しの際の転入届、運転免許証の更新、パスポートの申請、国民保険の手続き等幅広く使いますが、宅配の受領印と契約のための認印は分けてお使い下さい。
認印は苗字で彫ることをおすすめしております。
文字の入れ方は、読み間違いが少ないように「タテ書き」でお作りいたします。

●銀行印
銀行印は、銀行・ゆうちょの口座開設や保険の契約等、金銭に関わる際に使用する印鑑です。
認印を銀行印として兼用して使う方もいらっしゃいますが、頻繁に使う認印と大切な銀行口座を管理する銀行印は分けるのがよいでしょう。
女性の銀行印は下の名前で作ることがおすすめです。
文字の入れ方は、お金が「たてに流れないように縁起良く」という謂われから「ヨコ書き」でお作りいたします。

●実印
実印は、市区町村役場へ印鑑登録を行い印鑑証明書の交付を受けた印鑑です。
家、土地等の不動産、車など高額な物の購入や相続の際に必ず必要な印鑑です。一人につき1本印鑑を登録することができます。実印は頻繁に押印する印鑑ではありませんが、重要度の高い自分自身を証明する大切な証となる印鑑ですので、人生の門出の時にこそ作っておきたい印鑑です。
女性は下のお名前で作ることをおすすめしております。
文字の入れ方は、フルネームは「タテ書き」で、下の名前は「ヨコ書き」でお作りいたします。

●お名前のタテ書き、ヨコ書きについて
お名前のタテ書き、ヨコ書きについて
※ヨコ書きの場合は右から左へ読めるよう彫刻いたします。

わからないこと、ご相談したいことはお気軽に TEL 050-3340-6000

上記以外にも、結婚する娘さんへのギフトに適した印材、印鑑のサイズ、印鑑ケースをご用意しております。

迷ってしまうという方は、小林大伸堂の無料ご相談フォームが便利です。
用途をお聴きした上で、適宜ご提案させていただきます。